読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiju's 開発メモ

開発に必要な情報を自分用にメモ

manjaro-fluxbox-15.12にインストールしたClamavの設定

Arch manjaro tips

Clamavの設定と使い方の備忘録。

[手順]

1. pacmanでインストール後、/etc/clamav/以下に自動的に

 clamd.confとfreshclamd.confが作成されているが、あえて

 参考にしたサイトの通りに、clamd.conf.sampleと

 freshclamd.conf.sampleをそれぞれコピーする。

sudo cp /etc/clamav/clamd.conf.sample /etc/clamav/clamd.conf

sudo cp /etc/clamav/freshclam.conf.sample /etc/clamav/freshclam.conf

 **元からあった設定ファイルは別名でバックアップしておく

2. 設定ファイルの編集(clamd.conf)

sudo vim /etc/clamav/clamd.conf

 テスト用設定の解除

# Comment or remove the line below.
#Example

  ログファイルの設定

# Uncomment this option to enable logging.
# LogFile must be writable for the user running daemon.
# A full path is required.
# Default: disabled

LogFile /var/log/clamd.log

  ソケットの設定

# Path to a local socket file the daemon will listen on.
# Default: disabled (must be specified by a user)

LocalSocket /var/run/clamav/clamd 

 3. 設定ファイルの編集(freshclam.conf)

sudo vim /etc/clamav/freshclam.conf 

   テスト用設定の解除 

# Comment or remove the line below.
#Example

  サーバの変更(日本のものに変更しておく)

# database.clamav.net is a round-robin record which points to our most
# reliable mirrors. It's used as a fall back in case db.XY.clamav.net is
# not working. DO NOT TOUCH the following line unless you know what

# you are doing.

DatabaseMirror db.jp.clamav.net

  4. クライアント用設定

  ウィルスデータベースの更新

sudo freshclam 

   ウィルスチェック

clamscan -r <Directory>

(ex)ホームディレクトリ以下をチェック

clamscan -r /home/username

 5. サーバー用設定

  systemctlでデーモンを有効化するとこまでは問題なかったけど、

  startするのにタイムアウトでこけたから、もう少し詳しく調べる、

  でも特にサーバー設定はいらないかなー(Φω|

[参考サイト]

Computer/OpenSource/ClamAV - 松浦高志のWikiページ

Virus Protection for your Linux&nbsp;desktop

mylinuxevolution.wordpress.com