読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiju's 開発メモ

開発に必要な情報を自分用にメモ

systemd-nspawnで構築したFedoraコンテナに一般ユーザを追加

Manjaro Fluxbox 15.12のsystemd-nspawnで構築したFedora 25 Server

にログインできるユーザは今までrootのみだったけど、rootであれこれ

っていうのは仮想環境でもそれどうなの?と思ったので一般ユーザを

追加してsudoも使えるようにしてみた手順をメモ。

[手順]

1. 一般ユーザを追加する前にデフォルト値を確認。

[root@fedora_container ~]# useradd -D
GROUP=100
HOME=/home
INACTIVE=-1
EXPIRE=
SHELL=/bin/bash
SKEL=/etc/skel
CREATE_MAIL_SPOOL=yes

2. 一般ユーザ「fedora」を追加し、デフォルトシェルは/bin/zshにする。

[root@fedora_container ~]# useradd -s /bin/zsh fedora

3. 一般ユーザ「fedora」のパスワードを設定。

[root@fedora_container ~]# passwd fedora

上記コマンドの後、新しいパスワードの入力を促される

さらに新しいパスワードの再入力を促される

4. /etc/passwd に一般ユーザ「fedora」が追加されたか確認。

[root@fedora_container ~]# cat /etc/passwd | grep fedora
fedora:x:1000:1000::/home/fedora:/bin/zsh

5. 一般ユーザ「fedora」でsudoを使えるようにする。

[root@fedora_container ~]# usermod -G wheel fedora

[参考サイト]

webkaru.net

kazmax.zpp.jp

webkaru.net

itpro.nikkeibp.co.jp

haiju.hatenablog.com

ユーザーアカウントの作成手順

systemd-nspawn で Centos と Debian コンテナを作る