haiju's 開発メモ

開発に必要な情報を自分用にメモ

リモートのdevelopブランチを削除してローカルのdevelopブランチで置き換える

作業中にユーザー都合でリモートのdevelopブランチより

ローカルのdevelopブランチが最新になってしまい、丸ごと

ローカルのdevelopブランチをリモートのdevelopブランチに

上書きしたい場合の自分用作業メモ(ΦωΦ)

[手順]

1. リモートからorigin/masterを取得。

% git clone ssh://ip_address/home/git/prj_xxxxx

2. 1の内容を確認して、developブランチに移動。

% git checkout develop

3. 2の内容を確認して、現在のブランチをリネーム。

% git branch -m old-develop

4. 現在のブランチを確認してリモートのdevelopブランチを削除。

% git branch -a

% git push origin :develop

5. 削除されたことを確認。

To ssh://ip_address/home/git/prj_xxxxx
- [deleted]                 develop

% git branch -a

6. masterブランチに移動。

% git checkout master

Switched to branch 'master'

7. 6からdevelopブランチを派生して移動。

% git checkout -b develop

Switched to a new branch 'develop'

8. 7の内容を確認して、リモートのfeatureブランチの内容をmerge。

% git fetch origin

% git merge origin/feature-task-xxxx

9. リモートに現在のdevelopブランチをpush。

% git push origin develop

Counting objects: 1, done.
Writing objects: 100% (1/1), 267 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 1 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To ssh://ip_address/home/git/prj_xxxxx
* [new branch]            develop -> develop

[参考サイト]

www-creators.com

qiita.com

qiita.com

Git - git-push Documentation

Manjaro Fluxbox 15.12_x86-64のパッケージのアップデートでNo servers configured for repositoryエラー

リポジトリサーバーの設定がないよってエラーだけど、

そんなことあんのかー?って2年近く使ってきて思った(ΦωΦ)

でも、参考サイトのアドバイス通り、/etc/pacman.d/mirrorlist

の中身を確認すると空っぽだったw

そういえば、/etc/pacman-mirrors ってファイルに

/etc/pacman.d/mirorlistに出力するプロパティが書いてあった

気がするよな・・・。

と思って、いろいろ調べてみたら、generateコマンドを実行して

なかったっぽいwww(ΦωΦ:)

でもそれだと今までも普通にアップデートできないと思うよな。

うーん・・・その辺のことはよく分からんけど、generateコマンド

を実行することで、/etc/pacman.d/mirrorlistに日本のリポジトリミラー

を書き込むことができて、パッケージのアップデートにも成功

したからよしとするか。

[手順]

1. /etc/pacman.conf と /etc/pacman.d/mirrorlist の中身を確認。

2. /etc/pacman-mirrors の中身を確認。

OnlyCountry = Japan

MirrorlistsDir="/etc/pacman.d/mirrors"

OutputMirrorlist="/etc/pacman.d/mirrorlist"

3. generateコマンドを実行。

% sudo pacman-mirrors --generate
.: Info Downloading mirrors from repo.manjaro.org
.: Info Using custom mirror file
.: Info Querying mirrors - This may take some time
0.199 Japan : http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/manjaro/
0.104 Japan : http://ftp.riken.jp/Linux/manjaro/
0.351 Japan : ftp://ftp.riken.jp/Linux/manjaro/
.: Info Writing mirror list
Japan : http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/manjaro/stable
Japan : http://ftp.riken.jp/Linux/manjaro/stable
.: Info Mirror list generated and saved to: /etc/pacman.d/mirrorlist

4. /etc/pacman.d/mirrorlist の中身を確認。

5. /etc/pacman.d/mirrorlist に2で設定した値が書き込まれていればOK。

##
## Manjaro Linux mirrorlist
## Generated on 2017-11-03 12:47
##
## Use pacman-mirrors to modify
##

## Country : Japan

Server = http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/manjaro/stable/$repo/$arch
 
## Country : Japan
Server = http://ftp.riken.jp/Linux/manjaro/stable/$repo/$arch

[参考サイト]

Manjaro Linux Installation - |▽ ̄)ノ なページ再帰

www.reddit.com

superuser.com

forum.manjaro.org

疲労困憊だと記憶障害を起こす頭のために、最低限の基本gitコマンド

タイトルの通り、最低限のメモ。

[検証環境/差分反映のみ]

# git fetch origin

# git diff origin/develop

# git merge origin/develop

[開発環境]

# git status

# git diff xxx

※update

# git add xxx

# git commit

# git checkout develop

# git merge feature-task-xxx

# git fetch origin

# git merge origin/develop

※Already up-to-date

# git push origin develop 

 

git checkout 実行時に、error: unable to unlink xxxというエラーで怒られた (あとで詳しく)

これは、共同作業してるブランチのアクセス権をローカル向けに

番号だけ変更して、直前にgit stashしたのを忘れて放置したこ

も関係あるらしいが、とりあえず多忙なため、あとで詳しく読む

ために参考サイトのリンクのみ貼っておく。

[参考サイト]

www.shigemk2.com

stackoverflow.com

qiita.com

 

リモートのdevelopブランチの更新を確認して差分を取得

これは長年、使っているから覚えてるはずだったけど、

「/」があるとなしでは大違いだった。

ということを教訓に備忘録としてまとめてみる(ΦωΦ)

[リモートブランチの更新を確認]

(ex)developブランチ

% git fetch origin develop

% git diff origin develop

[リモートブランチから差分を取得]

(ex)developブランチ

% git fetch origin develop

% git merge origin/develop 

差分を取得するの別に、git pull でええやんという

派閥の人はそれを使えばいいと思うよ。

参考サイトに上げるリンクがつい最近、書いた記事

と同じ気がしたw

何を見ているんだろう?自分www(ΦωΦ;)

[参考サイト]

qiita.com

gitで不要になったブランチを削除する

使わない作業が発生するとボロボロ忘れていくgitコマンド

を備忘録としてまとめて整理するシリーズ(ΦωΦ)

今回はローカル開発環境のみに存在する不要なfeature

ブランチを削除するコマンド。

基本的には以下のコマンドを実行する。

% git branch -D feature_branch_name 

[参考サイト]

www.backlog.jp

d.hatena.ne.jp

blog.koogawa.com

qiita.com

iPhone8にフルキーボードのローマ字入力変換を導入する

iPhone5sを落としたら基盤が半分剥がれて充電しづらく

なったので、機種変更した。

Gemini PDAが欲しいので、7plus程度でいいよねーと

軽く考えてたら、最寄りのau shopや家電量販店を回った

けど7plusがなかったので、仕方なく8にした。

で、日本語入力しようとしたら、携帯のテンキーで

かな入力しかデフォルトになかったので、血管ぶっつり

しながら、ネットで調べてローマ字変換する方法をメモ。

[デフォルト]

日本語 - かな、絵文字、英語(日本)

[手順]

1. ホーム画面の「設定」-「一般」-「キーボード」の

「キーボード」をクリックし、メニュー一番下の

「新しいキーボードを追加...」をタップ。

2. 推奨キーボードで「日本語 - ローマ字」をタップ。

3. 1の手順を繰り返して、キーボードが「4」になってる

 ことを確認し、タップ。

4. キーボードに2の「日本語 - ローマ字」が増えていればOK

[参考サイト]

iPhoneの文字入力/キーボードの追加・切り替え方法 | iPhone Wave