haiju's 開発メモ

開発に必要な情報を自分用にメモ

PostgreSQLでpsqlコマンド実行時にSQLクエリーを叩く

PostgreSQLMySQLの黒い画面のクライアントっぽく使う

には、基本以下コマンドでイケる。

% psql -d database_name

でも、ついでに簡単に必要なデータを検索するクエリーを

実行するにはどうするの?

ってのを調べたのでメモ。試す程度なら、挿入や更新も同じ

手法でイケるはず(Φω|

[手順]

(ex)検索クエリーを実行。

% plsql -d database_name -c "select * from table_name where id = 'xxx'"

※ちなみに、SQLファイルを指定して実行する情報の方がよく

 見つかるが、ここでは割愛。

[参考サイト]

db.just4fun.biz

qiita.com

 

Linuxの黒い画面でSubversionを使うには

今まで、ソースコードのバージョン管理ツールというと長らく

VSSかGitを使った現場の時代が長かったのと、Subversion

Windows開発環境の現場で1年未満で、しかもGUIツールを

使ってたから、よく知らねwってことで、よく使うコマンド

についてまとめられたサイトのURLをメモしておく(Φω|

さすがに、新しいとこでLinuxSubversionを黒い画面で使う

と思わなかったけどw

そしてCentOSのバージョンが5.9だったw

[参考サイト]

subversion.apache.org

www.perforce.com

www.linuxfromscratch.org

www.ne.jp

www.open.collab.net

https://www.thegeekstuff.com/2011/04/svn-command-examples/

qiita.com

qiita.com

無料で使えるオンラインマインドマップ作成ツール「Coggle」

名前が某検索エンジンに似てるけど、まさか違うよね?

と思っていたけど、使うにはGoogleアカウントが必須で

共同で作業するにはGoogle Driveに共有フォルダを作成して

保存する必要があるという情報を聞いて、あーやっぱりーと思ったw

XMindみたいにインストールする必要がないので、とりあえず

GoogleアカウントとChromeがあればすぐに使えるのは

ポイント高い。

ただし、使い方に慣れる必要があるので、ログインしたら

すぐにサクサクとはいかないので、参考サイトを見ながら

少し触りつつ慣れる必要があるなー(ΦωΦ;)

(自分がマインドマップ作成ツールに慣れてないのも大いにある)

それにしても、Chromeを使う分には問題ないだろうけど、

作業が終わってログアウトしたくてもセッションが残りすぎて

なかなか反映されないの気持ち悪いなーと思う。

[参考サイト]

coggle.it

dripn-snip.com

rightbrain-hack.com

webcli.jp

https://t-shimohara.com/%E4%BB%95%E4%BA%8B%E8%A1%93/coggle

lessコマンドでログを確認する

久々にPHPのログを見るので、いろいろとやり方を忘れたので備忘録で

まとめておくテスト(Φω|

大量に吐かれたログファイルの最新部分だけ確認したいが、tailコマンド

だと物足りないので、lessコマンドを使う。

[使い方]

 1. ログファイルがあるディレクトリへ移動。

(ex)/home/httpd/project/log/project.log

% cd ./project/log

 2. ファイル名を指定してlessコマンド実行。

% less project.log

 3. -Fオプションを使いファイル末尾へ移動。

2の状態で、Shift + F。

 4. lessコマンドに戻るには、Ctrl + c。

lessコマンドに戻ったら、最新から確認したいログまで

遡り、別ファイルに内容を保存したりする。

[参考サイト]

qiita.com

qiita.com

Google Driveにエクスポートした仮想マシンをバックアップ

先程の記事で、別PCへの移行用にVirtualBox仮想マシンをエクスポート

してバックアップしたので、これをGoogle Driveにアップロードして保存

する方法について調べて試してみたので、備忘録をまとめる(Φω|

[手順]

1. PCでGoogle Driveにアクセス。

2. 左上の[+New]ボタンをクリック。

f:id:haiju:20190628115812p:plain

3. アップロードするファイルを選択。

4. アップロードが実行される。

5. 完了後、Google DriveのMy Drive以下に4でアップロードしたファイルが

 表示されていればOK。

※ちなみに、Google Driveの無料アカウントでは最大15GBまでのストレージ

 が利用可能なことに注意。

[参考サイト]

support.google.com

VirtualBoxの仮想マシンをバックアップするには?

別PCのVirtualBoxに移行させるために現在のPCでバックアップを

取る手順について調べて試してみたので備忘録をまとめる(Φω|

ちなみに、この場合は意味としてはバックアップだがVirtualBox的には

エクスポート(仮想アプライアンスのエクスポート)になるので注意。

[手順]

1.VirtualBoxを起動。

2.メニューから[ファイル] - [仮想アプライアンスのエクスポート]をクリック。

3.仮想アプライアンスのエクスポート画面が開くので、仮想アプライアンス

 としてエクスポートする仮想マシンを選択し、保存先ディレクトリと

 書き出されるファイルの拡張子が「.ova」であることを確認。

4. エクスポートボタンをクリック。基本、デフォルトの状態で問題ない。

※処理が完了すると、Win10ではC:\Users\username\Documents\に出力される。

※基本的に、Win10とMacで操作は変わりない。多分、Linuxもかな...

[参考サイト]

pc-karuma.net

web-dev.hatenablog.com

codeday.me

https://selifelog.com/blog-entry-1579.html

doruby.jp

Manjaro GNOME 18.0_x86-64にcreate-elm-appでElmプロジェクトを作成

環境が動かない場合は、だいたい公式ドキュメントの情報をスルー

して、自己流で「多分こうなるはず」で動かしてる場合が多い。

create-elm-appも「-g」オプションがあるからグローバルにインストール

を敬遠で無理やり試行錯誤じゃなくて、とりあえず、公式ドキュメント

に従って作業してみるべきだと思った(深く反省)

[手順]

 1. npm or yarn でグローバルにインストール。

% npm install -g create-elm-app または

% yarn global add create-elm-app

npm WARN deprecated browserslist@1.7.7: Browserslist 2 could fail on reading Browserslist >3.0 config used in other tools.
npm WARN deprecated flatten@1.0.2: I wrote this module a very long time ago; you should use something else.
npm WARN deprecated fsevents@1.2.4: Way too old
npm WARN deprecated graceful-fs@3.0.11: please upgrade to graceful-fs 4 for compatibility with current and future versions of Node.js
npm WARN deprecated natives@1.1.6: This module relies on Node.js's internals and will break at some point. Do not use it, and update to graceful-fs@4.x.
npm WARN deprecated sw-precache@5.2.1: Please migrate to Workbox: https://developers.google.com/web/tools/workbox/guides/migrations/migrate-from-sw
npm WARN deprecated sw-toolbox@3.6.0: Please migrate to Workbox: https://developers.google.com/web/tools/workbox/guides/migrations/migrate-from-sw
/home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/bin/elm-app -> /home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/lib/node_modules/create-elm-app/bin/elm-app-cli.js
/home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/bin/create-elm-app -> /home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/lib/node_modules/create-elm-app/bin/create-elm-app-cli.js

> elmi-to-json@0.19.1 install /home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/lib/node_modules/create-elm-app/node_modules/elmi-to-json
> binwrap-install


> elm@0.19.0 install /home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/lib/node_modules/create-elm-app/node_modules/elm-webpack-loader/node_modules/elm
> binwrap-install


> elm@0.19.0-bugfix6 install /home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/lib/node_modules/create-elm-app/node_modules/elm
> binwrap-install


> core-js@2.6.9 postinstall /home/haiju/.nvm/versions/node/v8.16.0/lib/node_modules/create-elm-app/node_modules/core-js
> node scripts/postinstall || echo "ignore"

Thank you for using core-js ( https://github.com/zloirock/core-js ) for polyfilling JavaScript standard library!

The project needs your help! Please consider supporting of core-js on Open Collective or Patreon:
> https://opencollective.com/core-js
> https://www.patreon.com/zloirock

Also, the author of core-js ( https://github.com/zloirock ) is looking for a good job -)

npm WARN optional SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: fsevents@1.2.9 (node_modules/create-elm-app/node_modules/fsevents):
npm WARN notsup SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: Unsupported platform for fsevents@1.2.9: wanted {"os":"darwin","arch":"any"} (current: {"os":"linux","arch":"x64"})
npm WARN optional SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: fsevents@1.2.4 (node_modules/create-elm-app/node_modules/elm-test/node_modules/fsevents):
npm WARN notsup SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: Unsupported platform for fsevents@1.2.4: wanted {"os":"darwin","arch":"any"} (current: {"os":"linux","arch":"x64"})
npm WARN optional SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: fsevents@1.2.9 (node_modules/create-elm-app/node_modules/elm-test/node_modules/chokidar/node_modules/fsevents):
npm WARN notsup SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: Unsupported platform for fsevents@1.2.9: wanted {"os":"darwin","arch":"any"} (current: {"os":"linux","arch":"x64"})

+ create-elm-app@3.0.8
added 1371 packages from 749 contributors in 50.888s

 2. 1でインストールしたcreate-elm-appでテスト用プロジェクトを作成。

% create-elm-app my-app 

Creating my-app project...

Starting downloads...

● elm/json 1.1.2
● elm/virtual-dom 1.0.2
● elm-explorations/test 1.0.0

Dependencies ready!
Success! Compiled 1 module.

Project is successfully created in `/home/haiju/my-app`.

Inside that directory, you can run several commands:

elm-app start
Starts the development server.

elm-app build
Bundles the app into static files for production.

elm-app test
Starts the test runner.

elm-app eject
Removes this tool and copies build dependencies, configuration files
and scripts into the app directory. If you do this, you can’t go back!

We suggest that you begin by typing:

cd my-app
elm-app start

 3. 2で作成したプロジェクトへ移動。

% cd my-app

 4. ローカルサーバーを起動。

% elm-app start

 ※4で起動に成功すると、ターミナルは下記表示になっている。

f:id:haiju:20190627160533p:plain

 ※ローカルサーバーの起動に成功すると、自動でWebブラウザが上記URL

 (http://localhost:3000/)にアクセスした状態で開く。

f:id:haiju:20190627160559p:plain

 

[参考サイト]

github.com

qiita.com

qiita.com

create-elm-app/README.md at master · halfzebra/create-elm-app · GitHub

scrapbox.io