読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiju's 開発メモ

開発に必要な情報を自分用にメモ

manjaro-lxqt-x86_64_jaにvim, zsh, Nim開発環境を構築する

LXQtはLXDEと比べるとまだ発展途上な面が多くて

微妙にできないことが多いけど、開発環境をサクッと

作っておく。

既にgitはインストールしてあるのでvimzshを入れる。

Semplice 6とOSXで共有しているsshキーもコピペした。

1. Vimインストール

   $ sudo pacman -S vim

2. Zsh インストール

 2-1. インストール前に現在、何がデフォルトシェルになってるか

        以下のコマンドで確認。

           $ echo $SHELL

           zshインストール前なのでデフォルトはbash

           /bin/bash

 2-2. Arch公式リポジトリにあるZshをインストール

           $ sudo pacman -S zsh

    2-3. 以下のコマンドを実行してZshが正しくインストール

           されたか確認

           $ zsh

          [haiju@kuroneko-pc~]$ -> kuroneko-pc% になればOK

   2-4. 現在、使っているユーザのデフォルトシェルを変更

          $ chsh -s $(which zsh)

          シェルが/etc/shellsに記載されていればroot権限なしで

          chshコマンドを使いデフォルトシェルを変更できる。

  note: Zshをデフォルトシェルとして起動するには一度、ログ

           アウトしてからログインし直す必要あり

  2-5. 再ログイン後、以下のコマンドを実行し、デフォルトシェル

         にZshが設定されていることを確認

         $ echo $SHELL

 3. Nim開発環境を構築

    基本的にHowIStart.orgのNimの記事の通りにすれば

    コンパイラだけでなくパッケージマネージャのnimble

    までインストールできる。

[参考サイト]

Zsh - ArchWiki

How I Start.