読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiju's 開発メモ

開発に必要な情報を自分用にメモ

Fluxboxをカスタマイズ

某勉強会が11日後に迫って来て資料作成もだけどVMのManjaro

の日本語文字化けのトウフをいい加減、直しとかないと恥ずか

しい・・・(´・ω・`)

と思ったので、カスタマイズの方法から勉強した。

そもそも、文字化けするのは指定したスタイルのフォントが日本

語表示に対応していないかららしいので、日本語表示に対応した

フォントのスタイルを指定すればトウフは直るらしい。

ちなみにデフォルトのスタイルだと、メニューのFluxbox menu

以下がほとんどトウフ。

[カスタマイズ手順]

1. メニューを編集

1-1. Fluxbox標準の方法

  以下のコマンドを実行。

→ fluxbox-generate_menu  

 自分の環境では以下のメッセージが出た。

 warningは出ているけど、特に問題はなかった。

 

Warning: I can't find any terminal-emulators in your PATH. Please fix
your PATH or specify your favourite terminal-emulator with the -t option

Menu successfully generated: /home/haiju/.fluxbox/menu
Use fluxbox-generate_menu -h to read about all the latest features.

 他に以下の方法もある。

1-2.menumakerを使用する方法

   使用しているディストリビューションリポジトリからmenumakerを

   インストール。

   インストール後、以下のコマンドでメニューを作成。

  $ mmaker -f Fluxbox

1-3.メニューを手動で編集

   メニューは~/.fluxbox/menuファイルを編集することで手動で設定可能。

   よく使うアプリを上部に登録する等、自分の思い通りのカスタマイズが

   できるので便利。

2. 1で作成したメニューを右クリックで表示

3. Fluxbox menu - System Styles よりArtwizを選択。

 他に試した感じだとすぐ下のBlueFluxでも日本語表示に対応していた。

 それ以外はおいおい。

4. その後、他のスタイルも試してバランス的に、zimek-darkblueに

 テーマを変更した。

[参考サイト]

LinuxのGUI環境としてウィンドウマネージャーFluxboxを使う

Fluxbox - ArchWiki

msfree2.blog90.fc2.com