読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiju's 開発メモ

開発に必要な情報を自分用にメモ

Manjaro-lxqt-0.8.12のfcitx-mozcの変換候補のパネルが入力文字列の上にかぶさってくる件

manjaro lxqt Arch

主に契約してるVPSにArchを再インストールするために

(Archを)勉強したいと思って、MBAVMにManjaro-lxqt

を入れているのだが、ブラウザ(主にChromium)で

各種SNSで文字を入力する時に変換候補のパネルが今、入力

しようとしている文字列の上にかぶさってくる問題があって、

いろいろ調べていたのだが、それらしき情報がネットに出て

なくて試行錯誤中。

メニューの設定 - fcitxの設定を起動すると、アプリが削られて

いなければ、fcitx-configtoolという設定ダイアログが起動する

そうだが、見つからないって言われる。

(そもそもこれも変)

当座、変換候補のパネルがかぶさってくる問題だけ解決できれば

よいので、fcitx-imをpacmanで再インストールすればいいん

じゃね?と思ってやってみた。

1. 既にfcitx-imがインストールされてるけど削除せずに再度

   インストール。

# pacman -S fcitx-im

ちなみに、一度アンインストールしてからインストールするのが

いいと思われる。

その場合は、

# pacman -R fcitx-im

# pacman -S fcitx-im

2. システムを再起動

3. 各アプリで日本語入力を試してみる。

・Leafpad --- 入力中の文字列の下に変換候補のパネルが出る。

・QupZilla --- 入力中の文字列の下に変換候補のパネルが出る。

Vim --- 入力中の文字列の下に変換候補のパネルが出る。

Chromium --- やっぱり入力中の文字列の上に変換候補のパネル

   がかぶさって邪魔をしている。

まだまだ、Chromiumでは問題あるな。

あと何が足りないんじゃろか?

少し時間ができたら、また調べてみよう。

[参考サイト]

Fcitx - ArchWiki